禁止事項
違法な取り立てとは、具体的にどのようなことが禁止されているのでしょうか。

今から紹介する違法行為は金融庁のガイドラインなどで禁止されているので、 覚えておくと良いと思います。

・暴力的な行為は禁止
暴力はもちろん、大声・暴力的な言葉は禁止です。

・多人数での取り立ては禁止
脅迫的な行為とみなされますので、多人数での取り立ては禁止となっています。

・張り紙や落書きなどは禁止
プライバシーの損害などにあたりますので、張り紙や落書きなどは禁止となっています。

・連日取り立てを行うことは禁止
毎日のように取り立てを行うことは禁止となっています。

・勤務先に取り立てを行うことは禁止
仕事に支障をきたすような行為は禁止となります。

・取り立て可能な時間以外の取り立ては禁止
取り立て可能な時間態は、午前8時から午後9時までとなっています。
以外の時間態は禁止です。

・他社からの借り入れなどの強制は禁止
他社から借り入れを強制し、返済を要求することは禁止

・保証人や連帯保証人以外に支払を請求することは禁止
親族であっても支払いを請求することは禁止されています。

・その他の正当とみなされない取り立ては禁止となります。

このように金融庁で決められていますので、
もしこのような取り立てがあった場合には、
裁判で訴えることが出来る可能性があります。

アメリカ