金利はどうやって決まるのか
電車に乗っているとよく見るのが、キャッシングの広告。
そこには金利○%~○%と書いてありますよね?
例えば「レイク」だと4.5%から18.0%。
(契約内容で変わります)
4.5%からなら低金利だし、安いなと思っていたんですが、
そういう意味ではないらしいです。

「レイク」で説明すると、
契約限度額が1円から999,999円であれば利息は15.0%から18.0%、
契約限度額が1,000,000円から2,000,000円であれば
利息は12.0%から15.0%、
このように契約限度額によって利息が変わります。
借りることが出来る金額によって利息が低いか高いか決まっています。
高い金額が借りれるということは、それほど信用があるということにもつながっているかもしれませんね。
*契約限度額は審査の結果で変わってくるようです。

「レイク」だと4.5%から18.0%と言いましたが、
「プロミス」は6.3%から17.8%です。

プロミスの最低金利は6.3%なので、
レイクの方が金利が安いのです。
ですが、上記をふまえて考えるとレイクは、
契約限度額が4,000,001円から5,000,000円でなければ、
4.5%の金利にはなりません。

10万を1年借りたとしましょう。簡単な計算です。
(サービスやキャンペーンなどは要素に含まれません。)
「レイク」であれば、18.0%なので、18,000円です。
一方「プロミス」の場合、17,800円です。
ということは「プロミス」の方が安いです。
あまり高額を借りないのであれば、プロミスの方が安いかもしれませんね。

なんで金利の話をしたかというとこちらのサイトを見つけたからなんです。
金利のことについて詳しく紹介されているので、なるほどと思いました。